初めは自分の時間に合せて働ける訪問介護員を目指しました。
私が経験したお年寄りの介護は、老人介護施設での介護士としての介護です。

介護の仕事はとてもやりがいがあり、こんな事をするだけでお金が貰えるなんて、これで良いのだろうか?と思ってしまう程に、毎日の仕事を頑張る中で自分自身が得をしているのに、お金が貰えてありがたい仕事でした。

私の顔を見て「満面の笑みを浮かべ顔をくしゃくしゃにして」そして「ありがとう」という感謝の言葉。

私はただ「ちょっとお年寄り達が大変だと感じる事に手助けをしているだけですよ。」と言う気持ちがあり、私としては「近所のお店で、車いすを利用している方が、手の届かない物を取れないで困っている時に、代わりに取ってあげた。」これと何ら変わらない気持ちでした。

当時は資格も何も無い未経験で、しかも年令も定年前であれば職員として採用してもらう事もでき、介護職でのお仕事が頂けていたと思います。

でも、今では最低でも「訪問介護士の資格が必要」という施設や事業所がふえているのではないでしょうか?

特に、お年寄りの方々のご自宅へ訪問し介助等をする場合には、訪問介護の資格が必要です。
老人介護施設などでは、資格の無い人も介護の職員として働く事はできますので、無資格から介護を始め働きながら資格をとりステップアップする事も可能です。
訪問介護士つまりホームヘルパーですね。