ホームヘルパーの資格を取得する事で同時に介護についても学ぼうと決めました。
最近は「ホームヘルパー」と言う呼び方が定着した訪問介護員になるには、国家資格等の難しい資格試験などは必要無く、決められた講習を受け、実習をして、実際の職場での研修をするなどし、講座を修了すると認定してもらえます。

ホームヘルパーには種類があり、その資格によっては「できる範囲」があるので、事前に資料を手に入れて確認して下さい。

簡単に説明すると、3級は掃除や料理などの生活援助ができますが、介護を必要としている方の体に触れての援助はできません。2級になると全ての介護業務を行う事ができるようになります。

また、1級になると事務経験が必要となります。
2級も3級も講座の受講資格の制限は無いので、福祉関係の職場で働きたい方や、介護について興味のある方などは、2級からの受講をおすすめします。
ネットでお金を稼ぐ方法を勉強しようとお小遣い系のサイトを作ったのと同じ考え方で、まずは比較的簡単ですぐにできる事にとりかかりました。