希死念慮からの脱却できた切っ掛けがコムスンのテレビCMでした。
この希死念慮はとてもやっかいで、何をしていてもどんなときも、常に「死にたい」と願っており、死を望む毎日であり、何もできない状況になってしまっていると言う事で、脳内で「死んでしまいたい」に辿り着くような思考を延々と続けてしまいます。

そんな毎日の中で、何をしても楽しくも無いのですが、何となく毎日ずっとしていた事があり、一日中テレビをつけて眺めていたときに、私の心に響くCMが流れたのです。

そのCM「こんばんは、コムスンです」……。

この言葉掛けをしている映像を見て、もしかしたら、何も出来ないこんな私でも、何らかの手助けができるのではないか?必要としてくれる人がいるのではないか?と…。
そしてこう思いました。

「どうせ死ぬのであれば、死んでしまう前に、介護の必要な人のお世話をする事をやってみて、それから死ぬ事を考えてみても良いんじゃないか?」

‥‥と、これまでの思考を一旦止めて、前向きな考えができた事で「死にたい」と思う事から抜け出す方向へと動いて行けました。
当時ホームヘルパーは主婦の副業(パート)的な仕事として講座にも主婦が大勢参加されていました。