携帯サイトで自動的にお金を稼ぐ方法
4.広告ページの内容

前項でご説明した「広告ページ」についてもう少し詳しくご説明します。


広告ページは1つ1つの広告で1ページ作り、そのページを読んでもらう事で広告へのアクセスや成約率を上げる方法です。
モバイルユーザーはリンクを簡単に飛ばして先へ(下)行ったり、順番にリンクを踏んで行ったりもします。
広告が無料登録系の単価が安い広告であれば、これで問題ありませんが、広告単価の高い物の場合は有料登録であったり商品の購入であったりしますので、この方法を利用すると良いでしょう。
┌───────┐
│タイトル   │
│(広告名)  │
│       │
│↓サイトを確認│
│広告リンク  │
│       │
│広告内容の説明│
│…………………│
│…………………│
│…………………│
│       │
│↓利用してみる│
│広告リンク  │
│       │
│トップへリンク│
└───────┘

広告ページ見本

※Point
ここでは広告をページの上部と下部に2つ配置します。この広告への誘導文は、上部では「内容を見てみる」「確認する」という程度の文章を付け、下部では広告の説明を読んで来たと想定し、「申し込む」「利用する」「購入する」と行動を促す文章を付けます。これで、上部ではクリックされなかった広告が、下部でクリックされ成約に至る可能性があがるでしょう。


広告は単にタグを貼るだけでなく1行でも良いので誘導文をつけましょう。