ウェブサイトの作成・運営
HTMLファイルの作成

パソコンでのファイルを作成していきます。


HTMLを使ったウェブページのデータは、HTMLファイルというファイル形式で保存して仕様します。
拡張子が「.html」となっているものがそうです。

このHTMLファイルはメモ帳などのテキストファイルを作成するエディターでも作成が可能です。
実際、それでサイトを制作している人も大勢います。

ですが、単にサイトを作るだけであれば、ホームページ制作補助ソフトを利用するのが簡単で便利でしょう。
携帯サイトやスマホサイト制作用のソフトも幾つか販売されていますので、そちらもご検討されると良いかと思います。

「HTMLを覚えて自分で作るよ」って方はページの作り方を覚えてテキストエディターで作ると良いでしょう。
HTMLをテキストエディターで手打ちしたサイトは、綺麗なHTMLにする事ができるので、検索エンジンに好まれるという事もあります。

綺麗なHTMLというのは文法が正しく作れると言う事です。
制作補助ソフトを利用すると余計なタグが入り込んだりしてしまう場合などもあるためです。
機械で作った物と職人の手作りとの違いににているかもしれません。


携帯サイトに限って言えば本当に簡単に携帯電話向けのページは簡単に作れてしまいます。