放ったらかし収入
1.情報商材販売とは?

まずは情報商材販売についてのご説明です。


ほったらかしとは?どんなやり方なのか?をご説明する前に扱う商材についてご説明します。

「情報商材販売」とは商売をするうえでの材料として「何らかのノウハウなどの情報」を商品として販売しています。
情報を商材とするために、電子ブックや小冊子、ビデオや音声のデータやDVDとと言う形にされています。
これをインターネットを利用した通信販売で販売しています。

この稼ぐ方法では「情報商材販売」を今回は「ほったらかし」と言う形で行って行きますが、私達は既に用意された情報商材を売りますので、情報商材は用意する必要はありません。
他の人が作った情報商材を代わりに販売する事で販売手数料を頂きます。

しかも、その情報商材を販売する為の宣伝は勝手にされて勝手に販売され勝手に報酬が自分の銀行に振り込まれます。
情報商材の販売方法はメールになります。
具体的には情報商材の広告メールをメールマガジンとしてメールを配信して販売します。

……?
???……?

…メルマガ?

お気付きになられた方もいらっしゃるでしょう。
通常メールマガジンを配信する為には、配信する仕組みを用意し、メルマガの内容を考え、配信設定をしないといけません。
また、メルマガの内容を考える事も大変ですし、何より書く時間も必要ですから、全くほったらかすどころではありません。
やり方によっては大量にメルマガを用意しておいて仕組みを作り配信日時を設定して配信も可能ですがそれでも管理が必要です。

おかしいですね。
ほったらかせない……

では…

どうやって…
ほったらかすのか?

次のページで見て行きましょう。

2.ほったらかし販売の方法


缶ジュースの自動販売機ほどの管理は必要無い方法と言えると思います。