携帯で収入を得た体験談
要因2.広告の選択

訪れるユーザーの求めるものを提供する。


消費者金融比較サイトはキャッシング比較サイトとして公開しました。
その為、ASPの広告が無い業者もできるだけ掲載し、比較が多くできるようにしました。
その中で、広告がある業者をユーザーにすすめてみたりしました。

キャッシング広告は、業者の広告だけでなく、簡単に自分にあった業者を質問に答えながら探せるものや、匿名の仮審査を事前にしておおよその借りれる額が判るサービスなどもあり、それらのユーザーが便利だと感じるサイトもチョイスし掲載していました。

この匿名の審査ができるサイトは大当たりで、毎日多くの人が申込みをされたので、どんどん成果があがったのです。ユーザーの視点に立った広告選びができていたと言えるでしょう。


キャッシングが可能な会社を探しているんですね。