ASPの利用
複数のASPへの登録

ASPが違うと広告が違う事も多いです。


ASPですが、一つのASPへ登録すると次にすることが「広告選び」です。

どんな広告があるのかを見ながら、運営サイトに掲載したい広告や、これから新規にウェブサイトなどを公開して扱いたい広告などを選んで行きます。

気に入った広告や目的の広告があれば、その広告を掲載すれば良いので、一つのASPだけでも問題は無いように思います。
ですが、一つのASPでやる事もできますが、複数のASPを利用するメリットもあります。

例えば、一つのASPですとそのASPが広告の配信を終了してしまったり、最悪潰れてしまった場合に困ってしまうことになります。
また、成果報酬が一つのASPに集中していると、そのASPに何か合った場合に、全額が消えてなくなってしまうなんて事にもなりかねません。
そういったリスクを回避する意味でも、いくつかのASPに登録しておく事をおすすめします。

もちろん、あまりに多くのASPを利用することのデメリットも発生します。
例えば、利益の分散です。

複数のASPに成果報酬がばらけてしまっていると、ASPからの支払い可能額は「○千円以上」などと決められている場合もあり、それが分散してしまえば振り込まれなくなる事になります。

複数のASPを利用する場合は、広告を補う程度で、無い広告を扱っているASPへ登録して、広告をそろえる程度が良いでしょう。
そうでないとASPや運営サイトごとの広告や成果報酬などの管理も大変になります。

■用語解説
[ASP]


この他にも色々とASPや広告についての話しがありますから複数利用はおすすめしています。